返礼品が欲しいあまりに、ふるさと納税に手を出してみた。

 同僚が「ふるさと納税」の返礼品で、一人では消費しきれないほどのコーヒーを手にしているのを見て、興味を持った。さっそく先日、ふるさと納税をやってみた。

ふるさと納税とは、生まれた故郷や応援したい自治体に寄付ができる制度です。

手続きをすると、寄付金のうち2,000円を超える部分については所得税の還付、住民税の控除が受けられます。

あなた自身で寄付金の使い道を指定でき、地域の名産品などのお礼の品もいただける魅力的な仕組みです。

https://www.furusato-tax.jp/about

 つまり、私の地元である秩父市に住民税を納める変わりに、他の自治体を選んで住民税を納める事が出来るわけだ。各自治体としては、「納めてくれてありがとう」というお礼として、特産品であったり、その町の会社の製品だったりを、納税者にプレゼントする、という仕組みだ。

 もはや何でもあるけど、とりあえずあっても困らないティッシュとお米を返礼品としてくれる自治体を選んで納税してみた。

 いやー、これ、凄いね。ティッシュ50箱も即日届きました。

生活の必需品】50箱をまとめてお届け 東北限定ナクレ ティッシュペーパー 5箱10セット - 岩手県北上市 | ふるさと納税 [ふるさとチョイス]

 こんなにあって何に使うんだって感じでしたけど、鼻炎でこの時期鼻水がよく出る自分としては、これでティッシュの消費量を気にせずに済みそうです。

 あとは、お米が欲しいなと思って、お米を返礼品としている某自治体に納付。まだ届いてませんが、合計で23kg分ぐらいのお米が年内に届く予定です。

 ふるさと納税、自分としてはメリットしか感じないけど、俺が他の自治体に住民税を納めたってことは、秩父市的には税収がその分減るわけで。なんだか申し訳ない気分がしないでもない。
 ちなみに秩父市の返礼品も一応調べてみたけど、大したものを用意してないみたいだね。これではふるさと納税としての税収は期待できなそう。

 今月は確定申告の時期だけど、ふるさと納税で納めた金額は、確定申告をする必要がなく、住民税から自動的に控除されるシステムがあるらしく、とても便利。

 うまいこと出来た仕組みだけど、いったい誰が考えたんだろう…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です