大太鼓試し撮り

“Tom was laughed at by Kate” に、なぜ”at”が必要なのか

〇目的語がなければ、授業態にすることができない。
 → I live in Tokyo のTokyoを主語にして受動態を作れない。

〇Kate laughed at Tom の文章で、”laughed at”をVとして(熟語動詞)、Tomを目的語と考える。

〇そうすると、語順を入れ替えて、Tom was laughed at by Kateとなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秩父屋台囃子