Colourful

Posted on 2013年8月11日 by

大学2年になってからかな、私服とか私物とか、今までは白と黒の物が圧倒的に多かったんだけど、最近は本当に色んな色を好んで買うようになった。自分の事ながら、これは一体どういう心境の変化の現れなんだろうか。

”黒”という色が潜在的に持っている、心理的効果を調べてみたら、、、

実際よりものを重く感じさせる。
弱さを隠して強く見せる効果がある。
自己主張を強くする。
暗い気持ちにさせる。
老化を促進させる。

↑らしい。ああなるほどなあって思った。
今まで自分の性格を言語化して表した事って殆どなかったけど、この黒色の心理効果が、正に自分の性格を表している様な気がする。

多分、自分って、人には良い恰好をしようとめっちゃ気張ってる所がある(要するにカッコつけ)。だから、「実際よりものを重く感じさせる」って所には酷く共感する。

「弱さを隠して強く見せる効果がある。」ってのも、自分に当てはまってる。何でも人並み以上に出来なきゃ納得できないから。自分に出来ない事があると、何としてでもそれを克服して人に披露したいと思うから。

黒が好きだから、中学のころから好んで黒の服を着たり、黒の財布をず~っと愛用してたりしてたけど、本当はその逆で、自分の性格が↑こんなのだから、必然的に黒を選んでたんだね。

今までは。

最近は本当に、色んな色の物に対して、「あ、これい~な~♪」って思って、購入に至っている。特に多い色がオレンジ。オレンジ色の物は何でも良い物に見えてしまう。

今までの自分だったら、ぜっっっったいにオレンジ色のスキニーパンツなんて履かなかったもんな。今は黒のスキニーより気に入ってるんだから。

自分でも自覚出来るほど、自分変わったなあって思うんだよね。
前までは、つまり12~19最ぐらいの間は、物事に対して常に斜めに構えてた感じがある。こんな事をして何になるんだろうとか、オレには関係のない事だ、とか。酷い時には厭世的になって、何で生きてるんだろうとか、ずっと考えてた。

最近は何ていうか、思考が単純化してる。楽しい事は純粋に楽しむし、「今を楽しく過ごすにはどうしたら良いのか」を、楽しみながら考えてる。結果として、毎日がとても楽しいし、悩みもない。今がとても楽しくて、明日を迎えるのがとても楽しみで、自分がこんな心境に至っているのが自分でも信じられない。

何か呪縛から解き放たれた感じ。心が軽くなった。
きっと周りの人からはそんなに変わったとは思われないかもしれないけど、自分としてはめちゃくちゃ変わったんだよな。ホントに劇的に。

何が自分をそうさせたんだろうな~。
思えば大学1年の時付き合ってた彼女の影響で、オレンジのスキニーパンツを買ったり、えんじ色のパーカーを買ったりした。その頃から原色系の服を買うようになった。でも、性格は変わったとは思わなかった。彼女と2月に別れてから、自分の中で何かが変わった。別れた直後は凄く引きずってて、食べ物すらろくに食べられない程だったけど、立ち直ってからは、今まで以上に笑う事が増えた気がするし、常にプラス思考になった。

う~ん、こう考えると彼女がきっかけで色々変わったのかな。

でも不思議なもんだね。
今もカラフルなパンツに白のTシャツ、それに麦わら帽子をかぶってこの記事を書いてるんだけど、本当にこの格好、今までの自分じゃ絶対にしない格好だもんな。

人って変わるもんだね~……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です