関カレ

日に日に暑くなってる。Tシャツ一枚でも寒いと感じなくなってきた。
どういう訳だか、ここ数年春から夏への移り変わりが急激に速くなった気がする。心地よい気候がもっと続けばいいのになあと毎年思う。

とは言っても、僕は夏が大好きだ。
夏生まれってのもあるし(8月18日)、何より夏は服を着込む必要が無いから楽だ。
寒いっていうのは、それ自体が僕にとってはストレスになる。だから、冬は苦手、、、。

今週もまたあっという間に過ぎ去った。
最近授業の予習が追い付かなくなってきて、授業に付いていくのが少し難しくなってきた。

いやね、もともと僕はいい加減な性格だから、語学の予習なんてものは大体の意味をとれればそれでいいんだなんて考えてる。人によってはどれが副詞でこの単語がこの単語に掛かってて~、、とかやってるけど。

思うんだけど、諸外国語をそうやって完璧に日本語に訳すのは無理だと思う。
突き詰めていくと、どんなに頑張って辞書を引いて完璧に訳したとしても、広い意味でそれも意訳って言える。だって、他の言語に変換してる時点で、単語レベル(もしくはもっと小さい単位)で別の概念にすり替えてる訳でしょ。完璧な訳なんて、訳そうとしてる時点で出来っこない

こんな風に考えていつも適当に訳してるけど、予習が終わらない。
理由はいくつかあるけど、まず、単語が全然わからないから毎回辞書を引いてるからだ。
ビルマ語の単語の意味を推測するのは、英語より遥かに難しい。もうちょっとビルマ語を勉強すればある程度分かるようになるかもしれないけど、まだまだそのレベルには達していない、辞書を引くのにも一苦労。

それと、単純に予習時間が足りていない。
なかなか時間を割くのが難しい。予習以外にもやんなきゃいけないことあるからなあ、、、。

さて、話は変わるけど、
今週末は日産スタジアムに行って、大学の陸上の試合を観戦してきました。

$とはずがたり-日産スタジアム

関東のトップレベルの大学生がこぞって参加する、極めてレベルの高い大会。今回初めて、ちゃんと大学の陸上の試合を観た。

陸上って、実際にやるのは肉体的にも精神的にもキツいけど、
試合観戦は凄く楽しいよ。

きっと、陸上をやったことのない人でも、テレビで陸上の試合を観戦したことはあると思う。ウサイン・ボルトだとか、もう引退しちゃったけど、100mの朝原とかさ。

テレビで気楽に観るのも楽しいけど、実際にスタジアムに足を運んで観るのも楽しい。スタート前の緊張感とか、各大学の応援合戦とか、選手が走り終わってタータントラックの上で苦しそうに悶えてるのとか。面白いので、
是非陸上の試合を観に行ってみて下さい。6月の第2土曜、日曜あたりに、全日本の陸上選手権?が味の素スタジアムでありますよん。

まあ、今週末はこんな感じで終わりましたとさ。

それなりに楽しかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です