社会人

Posted on 2013年12月14日 by

水曜五限に、「職業を考える」という授業を取っている。何で取ったかって、単位が降ってくると有名な某氏の授業だったからなんだけど。

出席してさえすれば何ら問題の無い授業なんだけど、各回に講師として呼ばれてくる外語大OBの方々のお話が、結構面白くて、仕方がないから毎回最前列で授業を聴いている。

講義を積み重ねていき、今まで10人ぐらいの社会人のお話を聴いてきた。重層的に話を聴いているから、社会人の価値観とか、生き方の多様性とか、一人一人の違いに気付ける。

ある人は、「社会人になったら長時間労働は当たり前。会社の命令とあらば、どこにでも転勤するのが使命。」と語り、またある人は、「人間は、自分がイメージできる事は何でも出来る。だから、自分のなりたい将来について、真剣にイメージをして下さいね」という。同じ外語大卒という肩書を以てしても、本当に色々な職業に従事していて、人生大学だけでは決まらないよな~と漠然に思ったりした。

働く事にネガティブなイメージを抱いているサラリーマンは、大企業の方だった。
一方で、理想を語り、社会人の楽しさについて生き生きと語ってくれたのは、自分で起業して代表取締役をしている方や、作家の方だった。思うに、Do what I want to do の人は生き生きとしていて、Do what I was toldの人は、元気のない肩でマイクを握っていた。

Do what I want to do で生活出来れば、自分にとってこれ以上最高の事は無い。

疲れたから途中だけど終わる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です