大太鼓試し撮り

全ての行動は「生徒の為に」…。

 自分が関わっている生徒が、笑顔になれるように。
 自分が関わっている生徒が、「生きる力」、「生き抜く力」を身に付けられるように。

学校で行われていることや、学校に存在する物の意味は、全てはその目的に集約される。

一つ一つ、「当たり前」になっている事を、見直していくこと。
 「生徒の為でない」と結論が出たら、潔く止める勇気を持つこと。

 生徒の為になるなら、労を惜しまず頭と体を使う事。


 簡単な様で、難しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秩父屋台囃子