ありがとう。

「今までアンタが生きてて、価値がなかった時なんて1度も無かったんだぜ。」
「今まで生きててくれて、どうもありがとう。」
サンボマスターの山口はそう言って、深々と観客にお辞儀をした。

こんな惨めな私にも、サンボは温かく肯定してくれる。
そして、好きなことを全力でやっている人は、とても輝いている。

私は、輝いているのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です